だくりゅう

  ♪今日のBGM♪  RO-KYU-BU!  「You&I」(2回目)

  【週記】
 23日は、帰還したら自室が“禁忌”に触れる状況を迎えており。

 あやうく当日の感動やら充実やらがスベテ吹っ飛びかけたわ、
私自身が気持ちに整理のつかないまま今週へ突入し、長かった。

 現況でも解決したワケじゃないけれど、相応な“発散”からの、
納得できるカタチに向けた土台は整えたから、しばらくは様子見。

 …まぁ、コレは手前なハナシであり。 個人の事情に関係なく、
こんなトキこそ世間は動くモノだと(笑)。 完全に“読む側”デス。

 そんなワケで、とりあえず“フツーっぽく見える更新”を(微笑)。

  【今週の基本思考】
 …とはいえ。 今週の大半は「籠球部」に思考を費やして(笑)。

 そりゃ短いインターバルだからね、チケの受け取りもあったし。
それでも、既に「23日」が遠い出来事みたいに思える次第だ…!

  【みらいにっき】
 なんか、なつかしいベンチだなぁ(笑)。 本筋に関係ネェ(汗)。

 全般的に「軽率な行動」が多く、イマイチ緊迫感に欠けるわぁ。
特にユッキーだな、自身の“監視状況”に対する理解が甘い(笑)。

 1話を残しておくべきでしたかね~(微笑)? 既に消しちゃった。

  【BLT立ち読み】
 情報自体は知ってたハズなのに、実物を見てビックリした(汗)。

 「“流行”がコロコロ変わる」のは知ってる(笑)、率直に言えば、
ある意味「細かすぎるツボ選手権」を常に開催している感じやしな。

  【“8番”のブログを閲覧スル会】
 更新スタイルというか、基礎フォームが固まっているのはマル。

 まぁ、アレだ。 質疑スルなら、由乃君に訊けば問題ネェな(笑)。

  【僕はがない】
 あ~、こりゃ美里サン適役だわ! 朗読に遠慮も要らない(笑)。

 駄菓子菓子、本人が“属性”持ちじゃないのは残念かも(汗)?
ただ、ソレを差し引いても、充分に手応えのアル立ち位置かしら。

 駄目ですよ、見た目でヒトを判断スルのは(微笑)。 とはいえ、
“自身に対する理解度”を判定するにゃ、ルックスは必要項目ッス。

  【速報当落】
 とりあえず、見た範囲では「おめでとうございます」なので(笑)。

  【ここまで。】
 数年ぶりの「関東脱出」に向け、出発まであと2時間なので(笑)。 
スポンサーサイト

籠球部そのいち

  ♪今日のBGM♪
RO-KYU-BU!  「RO-KYU-BU!」

  【東京+公演チケ着】
 …おぉ、ホントに当選してたんだなぁ(!)。 …実感不足?

 東京公演に近い番号なんで、ほとんど同じ“戦術”を予定。

 「10/23 品川ステラボール」

  【考察メモ「壇上」】
 そして、記載形式が最初から「メモ」という付箋仕様(汗)。

*壇上として“必要”な「1曲目」
*衣装チェンジに時間かかりすぎな件
*「“7”ד8”」における「究極の利害一致」
*テンパる姿をカワイイと思えるなら“7番”向き
*意識伝達が結構アバウトだな“8番”(笑)
*まぁ、結局“5番”以外は「目立ちたがり」だからな…(笑)
*「生バンド」に気づくのが遅れたステージセット
*“4番”は自分が思うより「センター」に向いている件
*“6番”の「面白さ」を引き出すのはメンドクセェな(笑)
*「舞台監督“5番”」
*とりあえず「ウェーブ」をやってみようの図
*“個人色”決定での損得図式
「ともだちピンク」がヤバイ(!)
*改めて「モモーイは偉大だ」と思うのだよ
*「振付師“8番”」の底知れない実力
*スロースターターすぎるだろ“6番”(笑)!
*結局“7番”を活かす最良の手法は?
*ソレだよ“4番”に求めていた「アドリブ感性

  【考察メモ「運営&客席」】
物販の販売形式を全力で見直していただきたい
*映像系&音源系&場内整理系は“及第点”
*客の選択できる“戦術”は「3つ」
*厄介系による「過度の客席予熱(苦笑)」
*客席として“号砲”な「1曲目」(笑)
*「低酸素状態」発生!?
*“5色”って、とりあえず必要?
*ユニフォームでの自己主張模様(笑)
*会場特性により、混乱は予測より控えめ
*3週間後へ「伸びしろと楽しみ」

  【考察メモ「私」】
*読み違えた“入場形式”と結果オーライ
*6年ぶり(確認中)の「ライブグッズ購入」
*「跳ねれば見える」という“戦術”(苦笑)
*想定より広スペース及び「同じ系統の客たち」
*「跳ねるコトが自己主張」なら体力が無限に要るわぁ
*左隣がホンキでウザかったけれど(苦笑)、
「“6番”をガチ推しする主張」だから許す(笑)
*後半からノドの調子が良くなった件
*「ゆかち」じゃネェ、ヤツは「いぐち」だ(!)
*“打つ”もアリだが、わりと「ステージ観たい」
*「SHOOT!」以外の“踊り”は覚えますか(笑)?
*「“私”に出来るコト」(笑)

  【ここまで。】
 個人総括は「天空を目指すコトは“正義”」(某現場回顧)。

だいばぁじぇんす

  ♪今日のBGM♪  高垣彩陽  「光のフィルメント」

  【タダイマ「籠球部」データ更新処理中デス】
 サイテキカシテイマス、ジカイマデシバラクオマチクダサイ。

  【穏やかじゃネェわぁ】
 現時刻の状況が、ちょいと「間が悪い」と言いますか、そぅ、
「バッドタイミング」な具合。 “手詰まり”から単純にお手上げ。

 駄菓子菓子、このタイミングでしかブログは打てないので。
その辺りをイマは忘れて、まずは載せるべきモノから。 ふむ。

  【即売会スパーク】
 参加した皆様、お疲れ様でした~! 雨天回避スバラシイ。

 相変わらず、無理のナイ参加スタンスを取らせてもらって。
入りは遅いものの、集中してガツガツ巡回してきましたよ(笑)。

 マァ、巡回しながらも胸のアイツは宣伝営業していますが?

 そんなワケで、いくつかのジャンルこそスッパリ省きつつも、
東ホールの大半を楽しくウロウロした次第で。 いいですなぁ。

 …とはいえ、いわゆる「流行」的に大きい変化は、少なめ?
インパクトは全体的に薄めかな、ただし「タイバニ」を除く(笑)。

  【ここまで。】
 たしかに、昨年と比べれば来場者は少なく感じたかなぁ~?

しざりがぁ

  ♪今日のBGM♪  RO-KYU-BU!  「ギンギラ☆エール」

  【“籠球部リア充(笑)”の抱負】
 本来「次を考えず、その公演ごと全身全霊全力全開」こそ、理想。

 別に手を抜くつもりもナイけれど、私の性格じゃ「次を考えず」が、
多分ムリ(笑)。 …まぁ、電撃祭はデータ取りに特化した故の結果、
ソレは「手を抜いた」に等しいけれど? あの場面は“戦場”じゃネェ。

 やはり、各公演ごとにテーマが変わってくるのが現実的なトコロ。
要求するハードルが低いので(マテ)、のんびり眺めるのもアリだと。

 つーか、そんなに“戦闘民族”する必要はナイハズ、…なのだが、
無駄にテンションが整っている次第(笑)。 悪いコトじゃないけれど。

 ただ、私個人に「守るモノが無い」ってのは大きい。 背負うモノ?
ソレに関しては「不参加者の“呪い”」で充分でしょ(笑)。 ガチだぜ。

  【マケン】
 …おっと、人名の「誤字」は注意して然るべきですねぇ~! ふむ。

  【ムーブ振込指令】
 …おっと、番号早ぇな(苦笑)。 タイミング的にゃ来週回しかしら?

  【3期灼眼】
 …おっと、意外と早く“Wow”が叫びたくなってきたぞ「OP」(笑)。
でもなぁ、きっとフルコーラス聴かないと無意味系なんだろ(苦笑)?

  【ここまで。】
 どんなコトバにしていいやら。 「情緒不安定」だなぁ、良い意味で。

やじろん

  ♪今日のBGM♪
花澤香菜&井口裕香&日笠陽子  「空想ドラマチックガール」

  【「AC9」開催決定】
 前回開催から沈黙するコト11ヶ月、なんと次の開催が確定(!)。

 正直なハナシ、私ゃ前回でラストだと思ってました(汗)。 マァ!
ぼちぼち、旬を過ぎたとかそんな次元じゃないんで(笑)。 ビックリ。

 そんなワケで、来年開催系の参加確定1番乗りッス。 季節は

  【“ヤケドした曲”を確認してみる反省会(笑)】
 あ~、自分で思ったよりマチガイは少なかったわ、悪くない出来?

 この曲を予期して“ムラサキ”だったワケじゃないです、念のため。

  【“ヤケド(?)”後の10日間更新停止から復帰】
 もぅ、桂サンの“つぶやき”を転載したいわ(微笑)。 “解答例”ね。

 駄菓子菓子。 意外に不器用だと思うのです(汗)、知ってるけど。

 豊崎サンに「恋愛分析」は、不要なので。 言わば“魔性”(微笑)。

  【きみとぼく。】
 ふぅむ、いわゆる「赤いカード」を積極的に脱却したら、こんな感じ。

 “幼馴染”ってのは引っ張る系かしら。 幼稚園からじゃホンキだ。

  【ホライゾン】
 まだ増えますかぁ~(苦笑)。 そして、ハナシが進まねぇ~(笑)。

  【ちはやふる】
 高垣サンとか「作品趣向魂」に着火して“百人一首”覚えるよね?
向き不向きで言えば「適性アリ」なだけに危険、あとは当人次第か。

  【壇上舞踊用「SHOOT!」完成】
 単純な感想を述べますと「…どぅすんだコレ(笑)」ってトコロかな。

 メインは“5番”で、単独スペース用のサブには“7番”を押さえた。

 しっかし、結局フルコーラスまともに付き合ってしまったなぁ(笑)。

  【みらいにっき】
 ん~、まだツッコミを入れるにゃ早いな。 タイミングに悩みそう?

  【ここまで。】
 先月はココで風邪やったから、可能な限り気をつけてマス(汗)。
さすがに“燃える三連投”からの明晩はナシで(笑)。 ごきげんよう。

ぼいすぎぐぎぐ

  ♪今日のBGM♪  栗林みな実  「Precious Memories」(2回目)

  【夜桜カルテット ⑦~⑩立ち読み】
 私にとって、この作品は「業」とでも言いますか(笑)。 …何にせよ、
不用意に手が出せなくて。 読破のタイミングは遅くなりがちですねぇ。

 限定版効果か知らないけれど、最新巻が出れば結構な反響アリ。
そんなイメージをイマは持っています、クセのある作品ですからねぇ。

 「10/16 渋谷GUILTY つづき」

  【円サンの1曲目】
 “つぶやき”は確認していかなかったけれど、少なくとも思ったのは、
載せた曲は絶対に“1曲目”という自信はあったな(笑)。 …で、コレか。

 キライな曲じゃないんだ、歌い手はアンチだとしても(汗)。 何度目?

 何にせよ、身内も含めた“周囲”の雰囲気には助けられた感がアル。
その辺りは“同じ戦場で過ごしてきた仲”だわ、ホント無駄にね(苦笑)。
このフラストレーションを「糧」とスルにゃ、幸か不幸か、充分な環境で。

 何にせよ、次のカラオケで歌ってみますかね「Precious Memories」。
5年以上前に1度だけ歌ったコトがアリマス。 “持ちウタ”じゃないッス。

  【データの大幅な更正が必要なのでは?】
 いわゆる“壇上タイプ”の部分は、直感的な理解も含め、ズレはナイ。

 駄菓子菓子、当人の基盤である“土台”な部分は、まだズレがある。
もしかしたら、根本的な見落としがアル、かもしれない(微笑)。 ふむ。

  【円サンの2曲目】
 「国歌」。 生バンド様は頑張ってくれたと思いマス、キーボードとか。

 キライな曲じゃないんだ、歌い手はアンチだとしても(汗)。 何度目?

 おそらく“2曲目”はバラードだと思ったから、特に構える必要もなく、
フツーに過ごしても良かったけれど。 まぁ、雰囲気的に乗っかりつつ。

 何にせよ、次のカラオケで歌ってみますかね。 別に、フツーですが。

  【3曲目、…の前に】
 結局、この段階まで選曲的な“ヤケド”は被らなかったにせよ、さて、
「フラストレーションを発散するなら“次曲”での勝負」と踏んだ(苦笑)。

 …故に、選曲に関わらず、スタートから「UO」発動スルを決意(笑)。

  【円サンの3曲目】
 折って。 「って、また“栗”かよ(苦笑)」と理解して。 その数秒後だ。

 「シューティングメガネ」! 軌道は追いきれなかったけど、On壇上。
ある程度の“安全地帯”に着陸したっぽい確率は高かったから、安心。
そうじゃネェよ。 どんだけ私がスイッチ入ってたのか、よくワカルわぁ。

 1メロ中にゃ、前のヒトに回収してもらって。 無傷。 ユガミも、ナシ。

  【ヤケクソ】
 そんなワケで、この曲に関して、あんまし覚えてネェ。 もったいない。

  【円サンの4曲目】
 ソロで4曲目あんのかよ、って、まぁコレは「ヒトリ歌唱」なら無問題。
やはりデュエットでこそ真価を発揮する曲だと思うのですよ「ライオン」。

 もぅちょい冷静なら、別の対応もあったけれど(笑)。 のんびり跳躍。

  【全員曲 1】
 よっしゃいくぞぉ! ネギ、ネギ、ネギ、ネギ、ネギ、ネギ、ネギ先生!

  【全員曲 2】
 そんでもって、ラストに“ヤケド”が待っていたワケで。 甘く見たわ。
来月後半に改めて「反省思考大会」を行い、芸を磨いておかなくては。

  【ここまで。】
 ひとまず以上。 想定より有意義に過ごせた満足感と、ガチな反省。

ぼいすぎぐつぅ

  ♪今日のBGM♪  米澤円  「ウキウキNew! My Way」(2回目)

  【ニュータイプ立ち読み】
 とりあえず間に合ったと言うか、折角なので。 目を通しておく程度に。

 永田サンも不思議な立ち位置、あの作品はクセのある人材多数(笑)。

 「10/16 渋谷GUILTY」

  【5月上旬(笑)】
 “振替公演”にも、結局行かなくて。 そんな状況で開催を知ったが、
既に「発売2日後」(苦笑)。 えっと、5ヶ月先の予定とか、ナンデスカ?

 でも、絶対参加してやろうと思って(笑)。 情報系で広まる前に確保。

 それなりの整理番号でホッとしたなぁ~(笑)。 早すぎず、遅すぎず。

  【8月中旬(笑)】
 とりあえず150人以上は客参加が居るらしい的な情報をゲット(笑)。

 発売が早かったワケで、即決できる輩は多くなかったハズだしなぁ~。

  【当日】
 この期間、私ゃ早くなかったけれど。 良いテンションで迎えられたね。

 事前準備は「観覧場所のイメージ」程度、あとは通常にオルスタ仕様。

  【アンプと友達の会(汗)】
 瞳子ちゃんと江利子を呼び込めそうな位置にゃ張り付いてみたけど、
フツーのヒトじゃ耐えられない状況に、少し悩んだね。 アンプ1m以内。

 まぁ、結局お付き合いしてもらいました(笑)。 その辺りは、山百合会。

 翌日15時過ぎに左耳の聴覚が戻り(!)、正常回復は23時頃かな。
もちろん覚悟してのコト、現状まだ耳鳴りしてますけど一片の悔いナシ。

  【第1部】
 終わったイマ、リハ風景での違和感に納得したわ。 途中休憩とかも。

 藤東サンは今回も安定のパフォーマンスだった、安心して観られる。
曲のチョイスは私向きじゃなかったけれども…(苦笑)、補って余りアル。

 井ノ上サン&庄子サンのコンビ、まぁ私から触れる必要は(以下略)?

 この配置構成が、後の惨劇を含めた確かな“積み重ね”になったね。
スロースターターが着火するまでの“間”を、存分に与えられた(苦笑)。

  【2部 1】
 野田順サンは「動物」として「“私たち”の業界的なパイオニア」(敬意)。

 バンド歌唱を1度は観たいと思っていた部分は、結構昔からあったな。

 想像通りの「格好イイ」で、ストレートに満足した。 慣れを感じた(笑)。

  【2部 2】
 バンドが交代して、コーラス&キーボード&ドラムが格段に良くなり、
素でテンション上がった。 やはり“良き音源は正義”でアルと痛感した。

  【“円サン”と書いて「えんさん」と読むが】
 私の脳内思考では親しみを込めて「円サン」と呼称しているのだが、
イントネーションが“塩酸”と同じな為(汗)、会話で名前を出す際には、
主に「米サン=よねサン」を使ってマス(苦笑)。 よし、懺悔終了(マテ)。

 楽曲の趣向と壇上への“作り込み仕様”で、非常に“近いモノ”を感じ。

 歌唱機会を眺めるだけでも、私自身に刺激を与えてくれる存在デス。
加えて、コーラスワークにて真価を発揮する部分も、私にゃプラス要素。

  【つづく。】
 とりあえず、自戒として「シューティングメガネ」だけは載せにゃならん。

あきのじょれつ

  ♪今日のBGM♪  RO-KYU-BU!  「You&I」

  【秋新番序列
 当初「序列」は週明け頃かなと思っていたのですが、木曜後、
候補数を並べてみたら容量的に収まっていたので。 繰り上げ。

 今季は話題性の強い作品ほど、反比例してスルー傾向(汗)。

 したがって、ハードルが低く、下位に位置された作品とかは、
「他の季節なら落選しているぞ?!」デスネ。 強運、…悪運?

  【(序列1位) わぁきんぐ’】
 本命と言うより、対抗馬ナシ。 原作は未読デス、念のため。

  【(同2位) 僕はがない】
 制作過程に勢いアリ、その辺りも踏まえての上位配置敢行。
私も「友達100人タイプ」じゃないんで…(笑)、観やすいかしら。

  【(3) 3期灼眼】
 2話も観て、始まったなぁ的感触。 感想は出ないと思いマス。

  【(4) たまゆら】
 適性はアルと思うので、終盤頃にハマっているかが焦点(笑)。

 写真はキライじゃないけれど。 手間がメンドウで離れたヒト。
モノに対する執着が薄れ始めたのと、同時期かもしれませんな。

  【(5) ホライゾン】
 これより中位。 マイナスもプラスも混同していきそうな作品。
人数が多ければ、当たりを出す確率も高くなるであろう“期待”?

 まずは「葵姉弟(笑)」に注目しつつ。 他は、…覚えないと…!

  【(6) しぃきゅぅぶ】
 今季は久しぶりに「大原劇場」が圧巻していきそうですが(笑)。

 ゆかりサンが安定しているだけに、他要素次第で上位進出も。

  【(7) きみとぼく。】
 おそらく作品の出来は大丈夫だと思うので、安定の中位配置。

  【(8) みらいにっき】
 まずは富樫サン次第として、方向性は予想と少し違ったかな。

 12人もとい11人に、趣向の合う輩(笑)が居れば上位進出も。

  【(9) ぎるてぃくらうん】
 そろそろ飽きたわ茅野サン(汗)、とか言ってないで、様子見。
つーか、途切れないどころか、むしろ増えてる梶サンに驚くべき?

  【(10) マケン】
 そんでもって、下位。 内容への言及は皆無だと思われ(笑)。

  【(11) ベントー】
 コレは楽しめそうだけど、下野サンに飽きたら離脱かも…(笑)。

  【(12) ちはやふる】
 とりあえず、百人一首レベルを上げる為にも残しておこうかと。

  【(13) (継続)輪るピング】
 きっと何者にもなれない私は、あえて同じ順位に配置(微笑)。

  【△→離脱 アンゴ】
 気に食わない点が2つアル。 豊崎サンにゃ悪いが、バッサリ。

  【(録画枠) 化】
 未放映話の録画は当然として、本放映も録画しなかったので。

 特に全部残すつもりはナイけれど、まぁ編集していこうかなと。

  【ここまで。】
 全体で言えば低調かなぁ、主題歌は磨いて光るタイプに期待。

ぴゅあえれめんつ

  ♪今日のBGM♪
日高里菜&小倉唯  「ね、コンビニでアイス買ってこ。」

  【買っちゃったよ(!)】
 土曜&月曜は通常営業で、日曜はフツーに休息してたから、
店舗へ行く機会もナイかなぁ(笑)。 そんなコトを考えていたら。

 あ~、なんか繰り出さにゃならん用事が発生しちゃったよ…!

 自然な流れを超越した、ちょいと仕組まれた匂いな流れ(笑)。

 いいんです、作品のみならず、テーマの「逃げない」は維持。
どこまでも正攻法を貫きかねない1ヶ月が始まりマシタ(微笑)。

  【△ ちはやふる】
 “百人一首”の知識は積めそうだけれど、展開に興味がネェ!

 この辺りは「序列」作成時にまとめて思考していきますかね?

  【△ ベントー】
 半額ユーザーとしては食いつくべき題材(笑)、実に愉快系。
駄菓子菓子、観る必要性皆無だなコレ(汗)。 悠木サン補給?

  【▽→離脱 ましろ】
 ストレートな展開で進みそう? 大宙サンにゃ癒されるとして、
女性陣に無興味じゃ「本末転倒」、ひとまず“離脱”扱いな方向。

  【エクササイズ「SHOOT!」からの】
 なんかさぁ、今回も「特典DVD」が付いてきちゃった次第で。
しかも、いわゆる「ダンスVer」って。 教材変更ですよ~(笑)!

 電撃祭で観たイメージを土台に、スムーズなアップデートを。
脳内では済ませたけれど…(笑)。 …馴染ませていこう(苦笑)。

 どのみち“現場”での発動はナイから、急がなくても良いしな。

  【“7番”のブログを読むコト「半年分」】
 もともと“6番”の記載は、某作品以降も閲覧を継続シテマス。
準備期間中に、もぅ少し取っ掛かりを増やそうというコトで、追加。

 「日誌」ですよスバラシイ、…読むのに“月火水”を要したわ~!

 やっぱり基礎データを積んだイマだからこそ、コツを掴みつつ。

 必要なデータを抽出しながらも、理解を深められたと思う次第。

  【今日のBGM】
 あ~、こぅいうのを「若さに癒される」って言うのかね~(苦笑)!

  【「籠球部の“考察メモ”」】
 お~、とりあえず語られない考察たちを羅列していく~(微笑)。

*ユニットとしての特徴「地味、そして等身大(笑)」
*基本布陣は2パターンの「2-1-2」
*20代ツートップの“相乗効果”
*10代ツートップは“異色効果”
*どちらにせよ“5番”の負担が尋常じゃない件
*“4番”に求められるリーダーシップ
*“4番”の思考回路など読みたくもない件(マテ)
*“5番”の思考回路は読ませてもらえない件(笑)
*“5番”は「10代での実績」を活用してくるのか
*“5番”を「先輩」って呼んでいいですかね(笑)?
*“6番”「親しみやすい最年長」はユニット好条件
*歌わせれば最上位、踊らせたら最下位な“6番”
*体躯の関係で“6番”が「SHOOT!」に不向きな件(笑)
*“7番”「スタンスを考えるヒマもない?」
*“7番”の「堅実な反復努力」は、他者の脅威になるか
*“8番”が生まれ持つ「“姫”の素質」
*“8番”は既に自身の“弱点”を克服しているのか?
*“8番”「ダンスの長所と課題点」
*“8番”「“20代トリオ”への葛藤」
*“8番”の「野心」を突き動かすのは誰になるのか

  【ここまで。】
 …さて、これだけ思考を抱えて純粋に楽しめるのやら(苦笑)?

きらりなるぅむ

  ♪今日のBGM♪  水樹奈々  「NEXT ARCADIA」(2回目)

  【ノド完治】
 1ヶ月近く発声に支障を抱えていたワケで、とりあえず嬉しいね。

 それならカラオケでも行きたくなるのか? …と、思ったのだが、
猛烈にイマ求めているのは「基礎トレ(笑)」。 ソレも、どぅよ(笑)?

  【わぁきんぐ’】
 物足りなかった“1話”から、戻ってきた「テンポ感」にニヤニヤ。
聴き込みは来月以降として、ひとまず「ED」は1期のが好きかな?

  【△→◎ しぃきゅぅぶ】
 世界観というか、視点が掴めたかな。 じゃ、2クール行きますか。

  【▽→◎ ホライゾン】
 …おっと、まだ居たのか未登場(笑)! 「愚弟」ハマりそう(!)。

  【△→◎ みらいにっき】
 コレ、ぶっちゃけ「なんでもアリ」だな(苦笑)。 そんな世界設定。
妄想具現化にツッコミを入れたら負けだが、その辺りは展開次第で。

  【△→◎ きみとぼく。】
 女性が絡むのは今週まで(以下略)? 気楽に眺めていきますよ。

  【声グラ立ち読み】
 話題の抽出しにくい号なので(汗)。 まぁ、シンプルなトコロから。

 「寿ホール」ってのは活用させてもらおうかしら。 良い単語だね。
悠木サンが懐いた理由を把握するにゃ、もぅ少しデータが欲しいな。
寿サンから観た悠木サンってのは、イメージしやすいからね、私は。

 竹達サンの体力測定は“文化系”って感じだわ~(笑)。 和むね。

  【ここまで。】
 23日まで、準備としては自然な流れを積み重ねていきたいわ~!

でんせつのてっぺい

  ♪今日のBGM♪  平野綾  「Unnamed world」(2回目)

  【表題曲&表題】
 曲解禁止、世辞は不要。 つーか、ハッピーバースデーっしょ。

  【△→◎  僕はがない】
 私ゃ上映は観なかったので、初見。 △スタートは便宜上かな。

 “1話”としての感触は、最も良かったかも。 世界観導入的に。

 “催し”は、行かなくていいな(!)。 サウンドは、長い目で探究。

  【▽→△ マケン】
 表記検討(笑)。 なんとなく、下位に残しておきたい感じ(汗)。
前野サンの絡む作品とは相性が良い気がスル、なんとなく(笑)。

  【◎ 3期灼眼】
 とりあえず、付き合わない理由がナイ(笑)。 思い入れは薄め。

 ウワサの主題歌は、あんまし確認しなくていいですかねぇ~?

  【◎ たまゆら】
 満を持しての放映開始も、焦らずビギナーからスタートなので。

 どんな距離感を選択するかは出来次第、お手並み拝見なので。

  【ここまで。】
 「籠球部の“考察メモ”」を載せておきたいが、間が取れんなぁ。
妙な“データ探究”は役に立つ結果を示したけれど、実に厄介だ。

くろわっさん

  ♪今日のBGM♪  高垣彩陽  「Oh Happy Day」

  【誠意】
 刺激を受け、私も考えてみたんだけど、最初に浮かんだのは、
「猜疑心のカタマリな私だから、論述スル自体が失礼?」(苦笑)。

 …じゃ、私にとっての“誠意”ってどぅいぅコトやねん(笑)、って。

 そんな流れで、ひとまず思考に結果を出したよ(笑)。 コレが、
「自身の主張に、どれだけ“説得力”が持たせられるか」って感じ。

 曖昧な応答で誤解を招かず、気持ちを正しく受け取ってもらう。

 …さて、コレ以上踏み込むと、論点がズレてしまいそうだ(笑)。

  【中古巡回】
 日曜は身内を次の戦場(笑)へ送り出した後、のんびり巡回。
間が空いたから、市場が変わる変わる! 街の特徴だからねぇ。

 結果、まぁ“2枚”掴んだけど、もぅちょい自分の希望に沿った、
“義務感”と無縁なモノに巡り合わんのかね、ってネガティブ(汗)。

 駄菓子菓子、昨年某日のリベンジを果たしたコトになったなぁ。

  【▽→離脱 真剣恋】
 よし、イイ声の誘惑に負けず、キッチリ離脱で。 予定通りッス。

  【△ ちはやふる】
 「百人一首」は“家族3位”、平民ッス(笑)。 むすめふさほせ。
私程度でもフツーに拾えるネタ解釈とか、どぅ捉えますかねぇ~?

 週刊誌にも拾われちゃった「せとあさみ」サン。 読み方注意。
原作も話題作みたいだし、そのまま人気へつながっていくのか?

  【▽ ましろ】
 やべぇ、大宙サンにしか興味持てネェ(!)。 女性陣ビミョー。
…なら、素直に離脱検討でいいんじゃねぇ? 後ろ向きに“保留”。

 つーか、ゲーム系作品にもかかわらず主題歌チョイスがスゲェ。

  【籠球部追加公演当選】
 目を疑った。 3回位読み直した(笑)。 とりあえず、振込完了。

 電撃祭は自分的に最善を尽くし、結果にも恵まれたワケだが、
今回は記念応募みたいなサバサバ全開だったからなぁ。 無欲

 ホントどぅしたいんだコレ? マジ富裕貴族の戯言だよ(滝汗)。
駄菓子菓子、ココで立ち止まっちゃいけないのは知ってる(苦笑)。

 この際、いっそ「良番」でも念じてみれば正攻法。 イタダキへ。

  【ここまで。】
 体調の完治が近い。 100%で呼吸が可能な喜びを感じるわ。

まったく

  ♪今日のBGM♪  寿美菜子  「Startline」

  【妙な髪型】
 ハネた前髪を、自分でカット。 そんな術を覚えてしまい、
散髪のタイミングを誤魔化す昨今(汗)。 こだわらなさすぎ。

 ボウズ頭の経験もありますが、良い経験だったなぁと(笑)。

  【◎ わぁきんぐ’】
 今季は“最上位候補”で迎えマシタ、注目は八千代サンで。

 ただの「ちっちゃくないよっ!」に興味アリマセン、念のため。

  【△ しぃきゅぅぶ】
 まず当確だと思うけれど、飽きると画面を見なくなるかも?
ゆかりサン&主題歌だけで理由は足りるが、追加要素希望。

  【▽ ホライゾン】
 久しぶりに“打ち師”がホンキになる「茅原楽曲」だな(笑)。
目に浮かぶようだ、とか言ってないで、私も準備ですかねぇ?

 1話の展開から言えば、…期待薄め。 趣向を見出せるか。

  【△ きみとぼく。】
 押さえておけばオモシロイと踏んでいるんですけど(微笑)。

 もぅちょい小野友樹サンの奮闘を期待スル、バランス的に。
そんでもって、内容へのツッコミは視聴確定後まで待機(笑)。

  【籠球部初観覧】
 引き寄せたのか、引き寄せられたのか。 …考えたら負け。

 ただのステージで荷物をロッカーに押し込むガチンコ態勢。
とりあえず、後悔したくなかったんで(笑)。 集中する為にも?

 大枠から言えば、客席の混乱もなく(笑)、想定内だったと。
ただし、どちらかと言えば「悪い意味での“想定内”」ですかね。
このテな雰囲気は嫌いじゃないので、まずは23日を楽しみに。

 データ。 99%は持ち込んだモノの裏付け、更新必要ナシ。
コレは3月時点で“7番”を観られた成果とも言えますかね~!
観覧ポイントの大半を“8番”に置き、あとは梶サンを中心(!)。

 …そして、今回で“8番”のデータを埋められたコトによって、
いわゆる「ユニット思考」が本格可能に。 …まぁ、既に終了済。

 さて、待望の「SHOOT!」も観られたワケですが。 ガンバレ!
逆に言えば、ものすごい完成度だったらホントに驚いてたハズ。
不明だったA&Bメロ部分も確認しつつ、ソレは単純にプラス。

 何にせよ、貴重な機会を活かせたんじゃないか、というコトで。

  【ここまで。】
 考察だけが走っていくね(笑)。 ユニットの面白さでもアル。

しゃんしゃんしゃん

  ♪今日のBGM♪  栗林みな実  「sympathizer」(2回目)

  【秋新番開始】
 今季は継続される「輪るピング」を△に戻し、再スタート思考で。

 さて、今季は有力タイトルの“私的スルー”が多いですよ~?!

 現段階での視聴確定数も少なく、ハードルは低めになる予想。

  【先月のパワープレイ】
 “エクササイズ「SHOOT!」(笑)”。 …は半分冗談として(!)、
とりあえず「SHOOT!」で。 体調不良中はエクササイズしとらん。

 まぁ、この楽曲は編曲良好からの、歌唱に求めるモノがナイ。
私個人にゃカラオケ不向きとなったね、難度は“ヒトリなら高め”。

  【ろぅきゅぅぶ #12最終回】
 ちょっと派手な得点とかは置いといて(!)。 私の着眼点は、
得点経過と戦法変化。 とりあえず、描かれ方への不満はナイ。

 ムズカシイけど、勝敗だけを取るなら、ラストは判断ミスだな。
コーチの読み不足とも言える。 結果から学ぶコトも多いだろう。

 つーか、面白いゾーンディフェンスを敷いていたよな(微笑)。
たまたまかもしれないが。 相手が弱ければ、充分アリな陣形。
さすがに相手が強かったし、この試合に限れば、意味は薄いが。

 しっかし、いわゆる“聖地巡礼”が流行している昨今において、
私自身の「聖地」が描かれる作品が出現してしまうとは(苦笑)!
まだ観ぬ地だからこそ意味を持つ“聖地巡礼”が事前実行済、
妙な気分だったのは否めないわ(笑)。 フツーに案内できるし?
あ~、公園の特定は出来てないや。 こだわる気もナイけれど。
アレが「西口」じゃなく「東口」なら、よりビンゴだったワケで(笑)。

 ふぅ、最初に置いた“逃げない”を、なんとか遂行できたかしら。

 バスケしてぇ(笑)。 ひとまず、血の騒がない程度にね(微笑)。

  【ここまで。】
 ひとつ。 「“8番”のデータを取るコト」。 “初顔合わせ”デス。

 ひとつ。 「壇上舞踊のデータを取るコト」。 力量(笑)も含め。

 ひとつ。 「私個人が“現場”に対するスタンスを決めるコト」。
あ~、緊張してきた(?)。 あらゆる可能性が渦巻いている感じ。

よんけにじゅうろく

  ♪今日のBGM♪
RO-KYU-BU!  「Party Love ~おっきくなりたい~ 」

  【おいでませ神無月】
 さてさて、おそらく今年の満足度を左右する月間に突入デス。

 既に「どぅしてこぅなった」感が否めません(汗)、不思議だ。
運気の出し惜しみは要らない、何処へ向かうのかワカラナイ

 持てるチカラは少なくても、ソレを活かせる準備を整えたい。

  【バカテスにっ 最終回】
 単純に憧れる部分はアル、そんな“生き方”は選べネェし?
ついでにその充実した恋(中略)、そりゃまぁ半分は冗談として。

 それでも不器用に突き進む道を選んでいく輩へ、称賛と敬礼。

  【まよチキ 最終回】
 特に「最終回」も関係ネェ、そんな当番回だったけれど(笑)。

 某文京シビックで聴いた“OP”にゃ全力「失望シタ」からの、
最終回で録画を敢行。 タタカウべきトキが訪れたようだ(?)。
この楽曲に対する兄弟の評価は「詞・曲・歌唱スベテ“60点”」。
つまり「すべての項目で及第点をクリアしているが、それだけ」。
そんでもって、こういった曲は確実に気に入るタイプが出せる。
…故に、好まない(笑)。 さてさて、どぅ料理してくれようかしら?

 作品的にゃ「“井口無双”に“伊瀬スパイス”」だけで充分(汗)。

 起伏の多い作品だったが、ソレも見応えあった、というコトで。

  【ドォルズ 最終回】
 率直な感想としては、自らに潜む狂気を認めて生きる姿が、
とても美しく見えた。 ずいぶんとヤンチャな村民たちだけれど。

 周囲に水田や畑があっても、残念ながら私ゃ「市民」なので。
カテゴリ的な「村民」と、やはりチガウ。 そんなコトを思いつつ。

 内容的にも面白かった、ますは原作でも読んでみますかね?

  【ここまで。】
 ちょいとネタ消化不良だけど、区切り。 追加公演、応募完了。
プロフィール

聖

Author:聖
こんなみかたもあるんです


【イベント参加予定】
◎10/4 クロジ-初日
◎10/8 クロジ-夜

【とりまとめ】
クロジ第十六回公演
確保席精算待機中

【チケ代未払】
江利子
10/4 クロジ-初日

【現在の流行ゲーム】
Wii
ウイイレ2013

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ