FC2ブログ

すえひろあんな

  ♪今日のBGM♪  kalafina  「光の旋律」(2回目)

  【最軽量記録更新】
 前述だが、既にベスト体重は下回った状態を維持して長い
駄菓子菓子、このコンディションを先週末に持ち込む前提での、
試してみたい部分があったのも事実だ。 そして、実行された。

 何と言うか、気持ち良く“全身発汗”したよ6時間ほど(微笑)。

 中盤以降は、フロアの湿度が増して、より促進されたような。
別の意味でも伝説化した一昨年末「平野サン」時に記録した、
あの体重を、わずかでも下回った意味は大きい。 ヤバイね。

 …もっとも、翌日はホンキ睡眠とガチ食事を。 落ち着いて。

 この身長で止まって以降の体重増減幅は、コレで16kgに。

  【2期SRW 最終回】
 勧善懲悪でございますから、まずは必殺技を打ち尽くして、
もちろんラストまで撃ち貫くのみでございますですのコト(笑)。

 この原作ゲームは、難度が高くて離脱したのだけれど(汗)。
突破した弟のデータを観る限りじゃ、ホント楽しそうなのは事実。

  【期日前投票】
 了。 浦安の問題は進展ありそうだね。 まずは自分の庭を。

  【ほうろうむすこ 最終回】
 ぶっちゃけ、安那サンが“イイオンナ”すぎて、ガチで惚れた

 ホント「傍に居て欲しくネェ(笑)、ずっと視線で追いかける」、
二鳥弟君を見つめる千葉君みたいな輩になってしまうよワタシ。
ヒトは魅力に対しての「“弱点”&“抵抗力”」を持っているけど、
私(とワタシ)は安那サンみたいなタイプがホントに“弱点”だよ。

 …さて、安那サンへの懺悔告白は済ませて心機一転(苦笑)。

 どの人物も例外なく表現的な役割を担っている作品だから、
ひとりずつ掘り下げていくと見えてくる関係性が面白かったね。

 性別に関しては、さすがに一定のラインを踏み越えられると、
私でも理解の届かない場所へ到達してしまうワケで、その代表、
二鳥弟君であり、ユキさんであり、その部分は及ばないけれど。
高槻君はギリギリ届く範囲かしら。 千葉君と安那サンはツボ

 二鳥姉サンの恋模様も結構好物だったかな。 観る側なら

 原作未読の身分ではあるけれど、結局ガチで語れるほどの、
解釈を積み重ねてしまったよ(苦笑)? 通り抜けるハズが…!

 比重で言えば、間違いなく冬季最上位の作品になりました。

  【ここまで。】
 「えぐぜ」のハナシは次回。 春新番シフトは、まだ模索段階。

 …とりあえず、また厄介な曲を掴まされた予感がスル(微笑)。 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

聖

Author:聖
こんなみかたもあるんです


【イベント参加予定】
-11/23 山百合忘年会
△12/28 C97-1日目
◎1/11 東山虹会-夜

【とりまとめ】
休眠中

【チケ代未払】
江利子
1/11 東山虹会-夜


【現在の流行ゲーム】
Wii
ウイイレ2013

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ